映画『糸』

about the movie
Introduction
中島みゆき 珠玉の名曲、「糸」が映画化!菅田将暉×小松菜奈がW主演、そして榮倉奈々・斎藤工ほか豪華共演陣集結。
人は奇跡のような確率で、誰かと出逢っている。
平成元年に生まれた漣(菅田将暉)と葵(小松菜奈)。
すれ違い、遠く離れ、それぞれの人生を歩んできた二人が、奇跡の糸を手繰り寄せながら、
平成の終わりに再会を果たす。
これは、運命に引き離された男女が再びめぐり逢うまでを、
平成という時代の変遷とともに描く、壮大な愛の物語。
2020年、平成を代表する国民的人気曲『糸』が、
愛と絆の感動映画に!
これまでにも平成の名曲をモチーフにした映画は2006年公開『涙そうそう』2010年公開『ハナミズキ』など、多くの感動を呼んできた。そして2020年。平成を代表する珠玉の名曲、中島みゆき『糸』がついに映画化。『糸』はシンガーソングライター中島みゆきの35枚目のシングル曲として平成10年(1998年)リリース。糸を人に見立てて出逢いの奇跡と絆の大切さを歌った感動的な楽曲で、もともとは知人の結婚を祝して制作されたという。TVドラマ・CM起用でたちまち人気に火がついて、通信カラオケのブームとともに日本中の人に歌われるようになった。リリースから20年を経て令和の新時代を迎えた現在でもその人気は衰えを知らず、JASRAC発表「カラオケ分配額ランキング」で2016・17・18年と3年連続第1位を記録。楽曲ファンを公言するミュージシャンも後を絶たず、これまでに120組を超えるカバー・バージョンが発表されている。
めぐり逢いをテーマに描く、壮大なスケールのラブストーリー
今回の映画では「めぐり逢い」をテーマに、楽曲から着想を得た物語が描かれる。平成元年生まれの男女の人生を平成史の変遷と重ねて描写していく、壮大なラブストーリー。物語の舞台となる北海道・東京・沖縄・シンガポール、各都市でのロケーション撮影も大きな見どころのひとつ。出演は人気実力ともに若手トップの俳優、菅田将暉小松菜奈のW主演に加えて、榮倉奈々斎藤工ら演技派俳優陣が顔を並べる。監督を務めるのは『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『64-ロクヨン-』等で確かな演出力を見せ、ベルリン国際映画祭の受賞歴も持つ瀬々敬久。脚本は『永遠の0』『空飛ぶタイヤ』で日本アカデミー賞脚本賞を受賞した林民夫。音楽は数々のヒット曲を手掛けてきた音楽プロデューサー・亀田誠治。日本最高峰のキャスト・スタッフが紡ぐ映画『糸』は、4月24日(金)公開。